2018年3月12日月曜日

産まれた!

私が結婚する前からの友達。

誰からも好かれてて、

人に合わせることができて、
いつもたくさん与えてくれて、
遊ぶときには欠かせない、数少ない大事な友達。

太陽が生まれた時から、そばにいてくれた。


幼児を抱えて夫婦で乗り切るしかない2人目の出産の時も、彼女は快く、「手伝うからね!」と言ってくれた。

実際、陣痛が始まったら、ウィスラーからすぐに駆けつけてくれて、大泣きして私から離れようとしない太陽の面倒を見てくれた。
へその緒が繋がったままのルナを見たのも彼女ぐらいしかいない。
彼女にとってもそんな産まれたての人間を見たのも初めてだったと思う。

それから、私の怒涛の幼児子育てが始まった。

今まで遊んでいた時とは流れも違って、自分と子供のことでいっぱいいっぱいで、
気も回らず、人として足りてないこともたくさんあったと思う。

でも、そんな私の状況を思い計って、

うちに来た時は、洗濯物を一緒に畳んでくれて、子供を散歩に連れて行ってくれて、ご飯の準備や後片付けの手伝いをしてくれたりした。

お互い話し相手になって、聞いたり、聞いてもらったり。

大事な友達。

そんな彼女が妊娠したと打ち明けてくれたのは、

夏にブラッコムトレイルを一緒に歩いている時だった。

小さくて美しい高山植物が満開で、反対側にブラックタスクが見えて、、、。
たくさんの思い出が詰まった山の上。
感慨深かったなあーーー。

それから10ヶ月、ついに赤ちゃんが産まれた。


自分でも「泣けよ!」って思うほど、ここぞという場面で涙が出ない私だけど、

彼女のお腹に入っていた、小さな小さな赤ちゃんを見た時、この私でも涙が出た。
無事に生まれてよかったあって。

私たち夫婦は、カナダに家族はいない。
だから、いざという時に頼るのは友達しかいない。

他人だった人が、カナダという土地を通して友達になり、

ビザや永住権やらを乗り越えて
この土地で暮らし、5年10年と時を経て紡いだ関係は、
限りなく「家族」に近いと感じる。

だから、余計に、嬉しかったよ。



さて、



なみちゃん


出産本当におめでとう!


これから、幸せなこと、大変なこと、一緒におとずれると思うけど、


どんなことあってもサポートするぜっ!


って、同じようなこと思っているたくさんの顔が浮かぶ笑


そういう風に、たくさんの人に愛されているあなたが、私の大事な友人であることも誇りに思うよ。



あーー、叔母の気分だよ。

誰かの幸せを、自分の幸せに感じられるという、幸せ。
そういう存在でいてくれること。
ありがたい。


数は多くないけど、ありがたいことに、私にはなみちゃんみたいな友人が何人かいる。

こんな風に、誰かと繋がっていけていることは、来世まで持っていける宝物だと思う。
いつも、ありがとうね。

2018年3月5日月曜日

ピアノレッスン

物心がついた頃からピアノを弾いていた。

ピアノを弾いていると無になれた。

初めは何度も練習して指と頭で曲を覚える。
楽譜を見なくても弾けるようになった頃から、
音に心をのせていく。
何も考えないでただただ、心をのせてピアノを弾く。
そういう感覚が好きだった。

実家にあったピアノは、10年以上調律されていないアップライトピアノだった。
全体的に音がずれていて、中でも「ラ」の音が思いっきし狂っていた。
もし過去に戻れるなら、ピアノの調律だけはやるべきだったと心から思うけど、
そんなことに関係なく、ただただピアノに向き合っているのが好きだった。

家がゴタゴタした時も、
友達関係がうまくいかなかった時も、
わたしにはピアノがあった。

ピアノを弾いているときは心を空っぽにして全てをリセットできた。
もしかしたら、1番の友達、だったのかもしれない。

だから、子供ができたとき、楽器を弾くことの楽しさをどうにか伝えたい。
これが、育児でどうしてもやりたいことの一つだった。

ラッキーなことに、ピアノは娘の好みにハマり、
調律しなくても音が狂うことがないデジタルピアノを、
毎日楽しそうに叩いている。よかった。

これは最近の傾向なのか、そういうスタイルなのか、わからないのだけど、
娘が行っているグループピアノレッスンでは、
テクニックを教えるだけじゃなくて
先生が情緒豊かにピアノを弾き、特には歌を歌い、
その周りで子供達が、音の起伏や表現に合わせて踊ったりもしている。

「音には魂があるんだよ。」

と、感覚的に教えてくれているように思う。

この間は、先生が、美しい雰囲気の伴奏を弾き、
子供が伴奏に合わせて、高めの鍵盤を適当に弾くという、Duo演奏をしていた。
どんなキーを叩いても、素敵な曲になるようになっているのだけど、
子供によっては、自信がなさそうに恐る恐る弾く子もいれば、
はっきりと意志を持って、鍵盤を叩く子もいる。

娘の番が来た。
娘は、ただ自由に、伴奏に合わせて鍵盤を弾いているように見えて、
「ゾーン」に入っているみたいだった。

「ゾーン」に入っている彼女のつむぐ音色は、
親バカ目を引いても美しくて、思わず聞きいってしまう。

「音は美しいんだよ。」

聴いている人たち誰もが、感じていたと思う。

娘の演奏が終わったとき、一人の女の子が、

「Wow Luna, you made me cry!」といった。


技術的なことは、大きくなるにつれて覚えればいい。

それよりも、
音が、心に響いていく感覚、
時に体が勝手に揺れてしまうような、揺さぶられるような感覚、
そういうのを小さいうちに養うことができたら、
きっと、これから一生かけて、音を愛する人に育ってくれるような気がする。

いい先生に巡り会えてよかったな。
これからも、ずっと弾いてくれたらいいな!

2018年2月28日水曜日

先入観とは厄介なものだなあと思った件。

最近、イラン人のお友達ができた。
彼女は大の日本びいきでもあるので、ことあるたびに

「文化、人、食べ物どれをとっても日本は世界で一番素晴らしい国だわ!」
「春に日本に行くなんて羨ましい。だって世界で1番素晴らしい国よ!」

「日本語は本当に美しいわ。漢字なんて特に素晴らしい!」
などなど、
たとえお世辞でもそこまで言わなくてもと思うほど、褒め称えてくれるのだ。

かたや私も、「あなたの国だって素晴らしい文化や言葉があるじゃない。」と応戦する。
ここぞとばかり、イランについて、何か素敵な一言を伝えたい!


だけど、イランと聞いて、私の脳裏に浮かぶワードは、、、、


”上野駅の偽造テレカ売り”である。


ほんとすいません!
最低だよ。。。と自分でも思う。

さらに拍車をかけて、最低だな、と思うのは、
あの絶対読める気がしない文字の国の人だというのはわかるのだけど、
それが何語なのかもわからない。(←ペルシャ語です)
その中でも振り絞って出て来たイメージといえば、、
イランはイラクよりも平和な国っぽい。テレカのお兄ちゃんもフレンドリーだったし。

という、バカ丸出しの発想。
あちらがそんなに褒めてくれてるというのに、我ながら青ざめるよ。


しかしながら、正直言って、日本にいたときはイラン人との接点もなかったし、知らないのだからしょうがない。

だから記憶と知識の断片をかき集めて、イメージや先入観に頼るしかないのだ。
多分、ほとんどの人がそうじゃないかと思う。


イメージ(先入観)は厄介。
私たちは世界や国を見る時、先入観が結構な割合を占めていて、断片的で偏っていることにあまり気づいていない。


でも実際、今まで接点がなかった国の人と話してみると、
勝手にイメージしていた印象と違うことも多く、その国の文化、言葉、国が抱えている問題なんかを知れたりする。

そういう話をしていると、言葉や文化は違うけど、人はみな同じ人間だな。と毎回思う。

と同時に、いろんな国の人と話しているとことさら、

島国で他国の影響をそこまで受けなかったからこそ養われた文化と歴史がある日本の美しさにも気づく。日本人であることを誇りに思います。

とはいえ、

日本は素晴らしい国だと思うけれど、彼女の日本のイメージはだいぶ偏っているので、
私としても、日本人として感じる日本のことを伝えたい。
しかし、怒涛のごとく褒めちぎってくれるため、今のところ話す隙がない 笑
非常におしゃべり好きなのもイラン人女性の特徴らしい。面白いね。

まあ、国籍に限らず、一人っ子はわがままとか、長男長女なのに、とか色々ある。


先入観のフィルターを取っ払って、

いいところ、ステキなところにフォーカスしていかないと
溢れる情報と、偏った先入観の中で溺れちゃうね。

なんてなことを、移民の国で暮らしてると、度々気づかされます。

ありがたや。ありがたや。

P.S ちなみにイラン人の彼女は、イスラムの国の人だからか、ものすごく親切で温かい。

そして彼女も、彼女の子供も、ドキッとするほど美しい!

2018年2月11日日曜日

海呼吸

相変わらずの、なが〜い、なが〜い、雨が明けて久しぶりの晴れ。
雨雲の下にいるとわからなかったけど、晴れると春の気配を感じる。
おひさまが眩しいなあー、と思っていたら、

”海行きたい!”

と娘が言うので、久しぶりに散歩に出かけた。





毎回、思いつきでビーチに来て、
毎回、潮の満ち引きをチェックしてからくればよかったと反省する。

うちから歩いていけるビーチは広くないから、満ち潮の時には、子供が遊べるエリアが狭くなってしまうのだ。

案の定、今日も満ち潮だった。
寄せる波を見ながらぼんやり思う。

雨だったから、全然気にしてなかったけど、
今日の月齢はなんだろうなあ?って。

海にくると月のことを想うのも、毎回のこと。

そういう風に、自然と、自然と宇宙に、繋がれる場所がすぐ近くにあるって、、、、
ありがたい。


最近、息子が、片頭痛を訴えるようになった。
今まで割と内気だった娘が、おしゃべりで活発になった。(口が立つようになったとも言う。)

なんだか、私も含めて、それぞれ、変化に少し戸惑っているような、そんな感じ。

リズムを取りにくい波に、頑張って乗ろうとしてるような、
調和の中に、不協和音が響いているような。

だから、みんなで自然の中に行く。
受け止めてもらいに行く、というのか。
洗ってもらいに行く、というのか。

とりあえず、それで一回リセットされるのだ。

日本とは逆で、こちらの冬の海は穏やか。
鳥やアザラシがのんびり水面を揺らしている。
ぼおーーーーっと、遠くを眺める。

それぞれが、それぞれのやり方で、海呼吸する。

ちょっとスッキリ。

よし、シナモンバンでも食べにいこ!

2018年1月24日水曜日

今さらながらYoga 〜心と体のメインテナンス〜

この冬は少しゆっくりする時間があるので、体のメインテナンスしてます。

そもそものメインテナンスの理由は、昔の膝の怪我を克服したくなったから。
古傷が疼いて、辛いし、痛いのは事実なんですが、
所々で”できない”と言うための便利な言い訳にしちゃってたかもなー。
そこに年齢が、、、とかって言い始めると、
本当にどんどん悪化してくるのだよね。

そろそろ抜け出したい。
だって、自分は何の努力もすることなく、”何かのせい”にするのはダサいよね。

というわけで、最近、週3日くらいかな、久しぶりにヨガに行き始めてます。
しかも、大の苦手だったホットヨガ!

その昔ヨガにはまっていた時は、私も若くて、
どれだけ自分をプッシュできるかに重きを置いてた。
たとえそれが間違った筋肉の使い方でもポーズができればそれでよかった。

だけど、そんな調子でホットヨガをすると、毎回激しい頭痛に見舞われ
途中で動けなくなってしまうことが多くて、
その度に、”失格”の烙印を押されているような気がしてしまって、苦手になった。

ちょっと大人になった今、

無理しないこと、人と競争しないこと、水分をしっかり摂ること、

何より、自分の体と対話する時間を満喫すること

に重きを置けるようになってきた。

久々のホットヨガも、頭痛に見舞われないように、水分をたくさん補給してから挑み
その日その日にあった加減を大事にするようになったら、
頭痛くなーい!(いや、ちょっとだけ痛い。でも昔より全然マシ。)

”ヨガは体との対話です”という何百回も聞いたフレーズを、
今、この歳になってようやく理解した!
(昔はヨガのテーマが、”このポーズできるか、できないか”だったんだねえー。笑。)

膝も、周りの筋肉を正しく育てることができたら、
ある程度良くなりそうなことがわかり、
体を信じると、どんどん力が湧いてくるのね!
ヨガも、クラスに通うのは久しぶりすぎて、
全然できないと思ったけど、意外とできたことがこれまた自信につながった。

体を動かすことは、

自信をつけること、自分を信じること

前向きになれる、最適な方法だなあー。

いくら、幸せになる方法を、
活字で読んで頭で理解するよりも、
有名な人の話を聞くよりも、

運動するだけで、簡単に、ハッピーになれる。

ってなことをーーー忘れてたーーーっ! 
私、運動神経よかったのよ、昔は。
走ったりするのはまだ痛いけど、いつかきっとできるはず。

そして、本当に治りたいから、MRI撮りにいってきます。
無理せず、自分を大事にするために、体を信じてみようと思う。

2018年1月12日金曜日

ブログ10年目。 

ブログ書き始めて今年で10年になります〜👏

一応、何か有益なことをお伝えできたらいいなと思いながら、
結局は思いをつらつら書いているだけのブログですが、
読んでるよ!って声かけてくれる常連さんの方々、
たまに覗きに来てくれる方、ありがとうございます😭

私、もともと書くことが好きで、
書く作業を通じて、”降りてくる感性”みたいなのがあり、
書くことが、自己ヒーリングの手段でありました。

それを、ブログという形で、表現できる場があることは、
そして、それを読んでくれている人がいる、ということは、
本当に幸せなことです。ありがとうございます。

最近は、日本語が鈍ってきていてるのと、
わたしも年々進化しつつ、
その年によって繋がっているチャンネルが微妙に変わってきているので、
10年前みたいに、感じたまま紡ぐことが下手になったなあって思います。
そもそも感じることが変わってきたなあというのが正しいのかな。

10年前のわたしから、今のわたしへ言葉をかけるとしたら、

”なんだか生きることに一生懸命で、真面目になっちゃって、やだねえ。”

と、言ってやりたい気分です。


そして、今のわたしから、10年前のわたしへ言葉をかけるとしたら、

”素敵な感性の持ち主だね♪”

と、褒めてあげたい気分です。

やっぱ年重ねると、固くなっていくねー笑。

過去の自分に励まされる今の自分。

両方の自分が、今この瞬間、同時に存在しているかのようで
なんだか笑っちゃいます。

よくスピ系の世界では言われることだけど、
過去と今と未来は、線で繋がっているのではなくて、
この瞬間も、同時に存在してるのかもねえ。
なんてパラレルワールドに思いを巡らせたり。

タマシイの旅は不思議。





10年前、シャンバラで出会ったBluetech。
この曲聴くと、いきなり別次元にマインドがトリップしてしまう。
浮けるというか、漂えるというか。
わたしにとってのインスピレーションの元。
皆さんも、きっとそれぞれ、”あの瞬間に繋がれる音”ありますよね。
そういう音、たまに聴くと良いですね。

ことしは、ヘッドフォンでBluetechを聴きながら、
10年前の感覚を、ところどころ融合させて、
もう少しゆるりと書いていこうかなと思います。

10年目のブログもどうぞよろしくお願いします♪

2018年1月5日金曜日

Squamishで初詣 -Shannon Falls-

Squamishの神社、(と私が勝手に呼んでいる) Shannon fallsに今年もご挨拶に行ってきました。

Squamishのパワーシンボル、The Chief rockの岩脈を伝った水が流れ落ちるShannon Fall。


この滝には、女龍が宿っているような気がするんだなあ、、、

とかねがね思っていたら、何と!






First Nationの言い伝えでは、Shannon Fallsは非常に神聖な場所で、
Howe Soundに住むと言われている、2つの頭を持つ龍(Say-noth-ka)が、
海と山を行き来する際に、この滝に現れる。と言われているそうだ。

やっぱりぃ〜〜!神社、確定です!






右下の一筋、龍っぽくないですか?!


初詣は、子供と一緒に、自然のスピリットにお話をしにいく時間。


あ、そうだ。昔、シュティカのリーダーに言われた。
神聖な場所に来た時は、頭のてっぺんからもエネルギーが入るように、
帽子を取りなさい。と。
帽子を取って、子供と一緒に、深呼吸〜。


そんな話をして、

自然の神様に、何を感謝する? と聞くと、


”遊ぶ場所をくれてありがとう。” と息子。


同じ質問を娘にすると、彼女は、”お花ー!” と言っていた。






街が急速に発展していることもあって、そっちに気を取られてしまいがちになるけど、

Squamishはエネルギー的にとってもパワフルな場所だと思う。

多種多様な自然の形態もさることながら、

Squamishのシンボル、Stawamus Chiefの持つ強いグランディングパワーはすごい。
ここは、下の方のチャクラが活性化するエネルギーがある。
実際、若くてエネルギッシュで、元気な人が多い。

ちなみにこのエリアでいうと、

WhistlerはSquamishよりも森が濃くて、サードアイが開くようなマジカルな感じがするし、
Pembertonは気圧されそうなほどの雄大な山パワーが、ハートチャクラに染み込む感じがする。(私の勝手な感想デス。)

20代の時は、Whistler/Pembeeに、心と体を育ててもらって、

親になった30代はSquamishの自然に、育てられ、支えられてきたなあって思う。

ことあるたびに、”僕にはWildnessが必要なんだ” と言う息子。

Squamishの自然を遊び場にして育つ子供達、どんな大人になるんだろうな。




今年も良い初詣ででした。